mibros.hatena

みぶのはてないぶろぐ

Nintendo 2DS LL 買っちまいましたの話。

結局switch買えてません!

というわけで、あふれ出る物欲を抑えきれず買っちまいました。まあしょうがないよね、夏だし。 

 

Newニンテンドー2DS LL ブラック×ターコイズ
 

 

Amazonのレビューを見てみるとそれほど評価高くないけれど、個人的にはとても満足してますよ。持つところがスピーカー部分になってて音が聞こえにくいということでしたけど、確かに持ち方によって音が遮られた感じになりますね。ただ普段イヤホンでプレイしているのでそもそも気にしてないです。あと僕の場合は初代3DSから乗り換えているので、LLの画面の見やすさにびっくり!にも関わらずあんまり重くないなーと思って調べてみたら重さ260g!初代3DSが235gだそうで25gしか変わらないってすげーですね。ちなみに25gは500円玉3枚分に1円玉4枚分。大体同じ重さ。初代3DSに試しに乗っけてみるとわかりやすい・・いやわかりづらい。

 

ついでに紹介しておくと、この2DSLL買ってテンション上がった物欲の副作用でイヤホンも買ってみました。

 

 こいつのウリは、商品名にもあるとおり、まるで靴紐のような素材でできているのでコードがほとんど絡まない!バッグの中で2DSLLにくるくる巻き付けて収納してるんだけど、そこからほどくときがぱらぱらーっときれいにほどけるのでこれまた大変気に入っています。強いていえばイヤホンジャックが少々長めで直線的なので、ケースに入れたりすると入らないかもしれない。裸体で収納する主義の僕としては特に気にしてないです。ケースはね、いつもめんどくさくなって入れなくなってしまうんです。。

 

で、一緒に買ったソフトは、ドラクエ11!ベタか!

 

 

今日現在30時間ぐらいプレイした感じですが、直近のドラクエ7・8・9 あたりから比べると(10はオンラインゲームなので別枠として)個人的には1番好きかもしれないなあ。おっさん期に突入した僕の少年心をくすぐるストーリー、プレーヤーを飽きさせない気配りの行き届いたゲーム進行。まさに王道RPG。この内容が5千円台で変えるのだったらまあ間違いなくお値打ちものです。

 

 

これでswitchが買えなかった悲しみを乗り越えられる!

 

 

 

 

 

Nintendo Switchの競争率をざっくり計算した話

Switchが欲しい。

 

 そう思ってちょびちょび探し始めるも、

 

家電量販店は品切れ&次回入荷予定は未定ですマン。

オンラインショップは、永遠にSOLDOUT。

Amazon楽天はプレミアついて価格高騰。

 

どうなってるんだぜ・・

 

とりあえず、これまでの販売台数を調べてみた。

ハード売上|ゲーム売上定点観測

 

このサイトによるとここ最近の週平均は2万7千台。6月第3週は一気に5万台近くまで数字を伸ばしている。

さらには、

「Nintendo Switch本体」品薄のお詫びとお知らせ|サポート情報|Nintendo

とあるように、7月からは、さらに出荷数を増やしていくということとで、週平均3万台は固いんかな。

 

が、しかし、である。この3万台を全国47都道府県にまんべんなく販売するとすれば大体、1都道府県あたりの平均は638台となる。実際は商圏規模とかで、多めに割り振られるであろうけども、多めに割り振ってもせいぜい1000台とかじゃなかろうか。つまりは都内ですら、週に1000人ぐらいしかゲットできないんじゃないか疑惑が浮上するのである。

 

東京都の人口は1000万人、これまでの累計販売台数98万台の半分近くが都民だったとしても、ざっくり未所有者は950万人、さ20らに、日本のゲーム人口は約4千万人といわれていて、日本人の大体3人に1人がゲームするわけだから、都内未所有者の3割、285万人、そのうちSwitchを欲している人は3割くらいいたとしても、85万人。1000台を85万人がバトルロワイアルするわけである。競争率85倍!

 

10万台ぐらいのペースで出荷してもらっても20倍ぐらいの倍率。

 1ショップあたり5台とか10台とかしか仕入れられないとすると1店舗あたり100人から200人ぐらいのライバルが潜んでいることになる。ひゃあ!

 

・・じわじわ品切れが解消されるのを待つですよ。